happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

APU定例会~意外と知らないヨモギの話~

早朝に名古屋を出て、神田へ。

初めて名古屋のきしめん朝定食が食べられて満足(笑)

ぎりぎり渡辺先生よりも早くつきました!

そして今季最高?の人数が集まった今回、
渡辺先生のよもぎの話。

apu1_201711170015307b1.jpg

今年の5月に葉っぱのうらがわで木の芽を食す会
というのを開催させていただいた折に、
APUメンバーからも渡辺先生のお話が聞きたいとの
声も多く、開催の運びとなりました。

APUメンバーのみならず外部からの問い合わせも多く
急遽増席して臨んだ今回。

先生からの意外なお土産付き。

min_20171117001544d7a.jpg

それは、今回リクエストした「香り成分」に関するもの。

体験することで、普段精油を扱う私たちが
ちょっと見落としがちな視点を持つことができる、
渡辺先生からならではのメッセージ。

はっとさせられました。

メンバーちえみさんからは、和ぶさんというヨモギのリキュール。

wabu.jpg

私からは名古屋土産の虎屋のういろうヨモギバージョン。

utiro.jpg

ランチタイムも賑やかに。。。

そして2次会にはちょっとまだ早い。。。?と思いきや、
飲み屋さんまでの道中、
さすがのこのメンバー、マートルの実を発見!

ma_20171117001542ae4.jpg

hikari_20171117001541ffb.jpg

実自体はちょっと渋いですが、香りが抜群!
ちょっとお酒に浸けてみます!

そして今日も楽しい飲み会(笑)

shugo_20171117001551a81.jpg

先日メンバーかよりちゃんが講師を務めたという
バーに移動して。。。

23634815_1517122498376862_1297201315_n.jpg

23634942_1517122515043527_275059814_n.jpg

カレーでしめての帰路。

cr_20171117001535299.jpg

長い一日。語れる先生、仲間たちに感謝!
ありがとう!

明日は国分寺月桃祭り、そしてプチ☆キラとイベントは
まだまだ続きます。
スポンサーサイト

コメント0
PageTop

無機と向き合い有機を知る

きらきらした月曜の朝。

久しぶりの江ノ島。まばゆい光とともに、
悠久の時を感じる日。

happa_201711062310579e2.jpg

23318631_1664928336893467_1088835106_n.jpg

終始へばりつきモードの私(笑)
23316000_1664928480226786_1243379010_n.jpg

トトラボ志緒先生主催の大人の化学講座、
昨年の秋には、長瀞での石ころ講座で素敵に登場して
くださった、地質学者の萩谷先生が再び♡

23414378_1926469807672443_1087136692_n.jpg

今回は砂つぶ講座♪

江ノ島から鎌倉までの十数キロを歩く間に、
6箇所の砂粒を観察、
ちょっと歩いただけで全く違う様相の砂粒。

何気なくみていた砂たちが、ルーペを通すと
なんと多様性に富んでいることか!!!

途中海岸でのランチタイムには、昨日の
プチ南インド報告会で作ったサンバルに味玉をつけて持参。

写真を撮ろうとおもっていたところに
上空に多数の鳶が旋回。。。

慌ててかきこみ写真はなし♡でも美味しかった!

私「先生、この地層はいつくらいなんですか?」

萩谷先生
「ここは比較的新しくって500万年前くらいですね。
 江ノ島の方はもうちょっと古くて1000万年前~2000万年前くらいですね」

私「…そうなんですね...」

キラキラした砂の中に有る有機体、
どちらも輝く時間♡

23314507_1506877472734698_1072388531_o.jpg

23335937_1664927640226870_2061949164_o (1)

23314437_1664927490226885_2068073504_o.jpg

夕日を眺めて最終地点で集合写真。。。

の後は、第二のお楽しみ♪

鎌倉が地元の弥生さんのアテンドで駅前の
食べ物もお酒も絶品!な飲み屋さん。

23336136_1506877616068017_577519544_o.jpg

23335768_1506877689401343_244582772_o.jpg

もうこのためだけに鎌倉に来てもいいわ♡
と思うくらいの美味しくて楽しい時間。

こうして尊敬するみなさまと、楽しく学べて、
自分自身のことも考えて、
美味しいお酒が呑めて。。。

贅沢な日。

yuhi_201711062308565a7.jpg

mo_201711062309092ec.jpg

mi_20171106230845259.jpg

umi_20171106230911863.jpg

またの萩谷先生登場を楽しみに!

志緒さん、素敵な企画を改めてありがとうございます。
そしてご一緒できた皆様、ありがとうございます。

コメント0
PageTop

APU定例会~経時変化~

冷たい雨の朝。。。今年は夏以降、本当に雨が多いですね。

駅に入ろうとしたら、なんだかどこも長蛇の列、
三軒茶屋での停電の影響で、
田園都市線も大井町線も停まってる。。。

どうしようもないのでぬくぬくとカフェにでも、と
思ったらここも長蛇の列。

まぁ、まもなく大井町線が動き出したので、
それほどの影響もなく動けましたが、
APU講座には20分ほど遅刻。

食べ物の話、聞き逃しました(汗)

今日のテーマは、「経時変化」。
副題は、「時間と共に変化する化学成分」

数年前からお世話になっている長島先生に
APUならではの切り口でやっていただいたテーマ、
さまざまな経時変化についての説明を
先生ならではの化学構造式を交えて、
わかりやすく説明していただきました。

22491670_1993693944207736_1491548677790413168_n.jpg
(写真は今回オーガナイザーのゆかりんからお借りしました)

香料屋さんとしての長いキャリアを持つ先生の
視点は、当然のことながら、植物療法家やアロマセラピスト
とは違うところからの立ち位置、
そういう客観性が、私たちにはありがたくもあります。

前回の発酵についての話から続くもの、
香り成分やハーブの成分の経時による化学反応、
具体例も色々で、なるほど~と納得することも。

なんとなく、油の酸化やマイナスな面な印象が多い経時変化
ですが、私としては、経時変化によっていい香りやいい成分に
なるものもあるなぁと感じていたので、
そんな例も化学反応を交えて数々あり、ちょっと嬉しく。。。

すっかりインド土産を忘れてしまった私ですが、
インドの話聞きたいという奇特なみなさんに話をしつつのランチ
長島先生のお隣で失礼しました。

22550070_1993694000874397_7079942411397184587_n.jpg
(この写真もゆかりんより借用♡ありがとう)

そして恒例となった、昼飲み会。

22528237_2052718848289334_2921568295222420035_n.jpg

22519545_2052718954955990_6457557121146412436_n.jpg

昨日の飲み会でちょっと飲みすぎていたのと
息子にじゃがバターを作る約束をしていたので今日は控えめに。

相変わらず、APUはみんな面白くて、勉強熱心で
いいメンバーだなぁと感じつつ。。。

なんだかバタバタとしていて、インド振り返りなかなか書けませんが、
やっぱりインドから帰ってちょっと何かのスイッチが入った感を
確信しつつ。。。

明日も雨模様ですが、楽しみ満載です♪


コメント0
PageTop

APU定例会~発酵の香り~

昨日のどんよりから変わって爽やかな晴れ。

昨夜の幸せのお料理とお酒と会合の余韻も感じつつ。。。

雲がダイナミック!

kumo_2017092201000021c.jpg

お楽しみAPU定例会。

ここ数年、毎年この時期の定番になりつつある、
長島司先生。

APUならではの講座とをいうことで、先生にとっては
結構ハードルが上がることもあるようですが、
今日のテーマは

「発酵の香り」

昨年は日本酒についてかなり興味深いお話を聞けましたが、
今回もワクワクのワインとチーズの香り成分について。

21616375_1981931838717280_3273021413140289957_n.jpg

お話きいているとワインとチーズがないのが寂しくなりますが
ワクワクしながら。。。

でもランチのあと15時からの実習会?はなぜか日本酒。

そして私はなぜかキュウリの地縛にハマリ???

21687418_2040276599533559_3735268734322879105_n.jpg

一足先に失礼して夕飯の材料を買って帰ったら、
なぜかまたキュウリ・・・?

という不思議な日。

あぁ、おいしいワインとチーズの夕べを夢見て。。。

APUはセラピストのプロフェッショナル集団ですが、
セラピストの勉強中の方やそうでない方もご参加いただけます。

お休みの月以外は、呼びたい先生をお世話係が中心となり
セッティングして、みんなで学ぶ、という自主運営の集まり。
ですが今年で17年目!なのです。

その中では、故井上重治先生とのお別れなどもありました。

来月定例会は、長島先生その2、ですが、

その後立て続けに10月、11月と定例会含んで臨時開催があり

四日市に引っ越された指田先生(10/26)
フランスから北海道に帰郷した石田佳奈子さん(11/9)
そして定例会では千葉大渡辺先生(11/16)

とかなりレアな講座が続きます。

現在会員優先受付中ですが、来週より随時一般募集も
始めますので、もしご興味のある方はご一報くださいませ。


コメント0
PageTop

APU定例会~志緒先生の製剤2017~

久しぶり・・・に感じるけれどそうでもないAPU定例会。

自分がお世話係だから、以上に
とっても楽しみにしていた、
村上志緒先生の製剤についてのセミナー

早々に満席となったためお断りしなくてはならなかった
方もいらっしゃり申し訳なかったですが、
やはり志緒先生のお話も講義も素敵でした。

apu1_201708040059535c1.jpg

植物療法家としての愛ある視点と
薬学博士としての専門知識、
その両者は決して相反するものではないこと、
その中に人の営みがあること
「ほどほど」というところ
「自分の感覚」を大切にするところ
なんだか色々すごくて、
参加者の方から

「一言一句聞き漏らしたくなかった」

とあとから感想が出たくらい。

happa_20170804005959b60.jpg

2.5時間(正確には3時間)のあいだに濃い内容を
ぐぐっと詰めてくださいましたが、多分みなさん、
まだまだ聴きたいくらいだったかなぁと思います。

iro_20170804005958c5c.jpg

でも実習はやっぱりAPU園児たち、とても楽しくわいわいと。

jisshu2_2017080400595737e.jpg

jisshu.jpg

sinken_20170804005931a6a.jpg

APUは植物療法はじめ、いろんなプロフェッショナルの集団ですが
こういう時にとことん前のめりで楽しめる、そんな人たちが多いので
やっぱりこういう素敵なセミナーをシェアできるって楽しいなと
改めて感じます。

ランチもお店のスペシャル桃デザートがついて大感激。

dst2.jpg

dst_20170804005942a97.jpg

dst3.jpg

ランチ後、志緒さんと週末のトトラボマルシェの打ち合わせもして、
その後いつもの「お米のデザート」会に合流(笑)

20479537_2016141201947099_3728172294059700296_n.jpg

飲み終わっても明るい、健全な?!時間を楽しみ
そんな短い中でも、プロな感覚、女性性、男性性、
その他もろもろ、結構深い話をして。。。

ニュートラルに、そして真剣に、話せる仲間って
本当にありがたいなぁと思いつつ。。。

志緒先生とのイベントは8月は色々あってとても楽しみ。

その中でも「葉っぱのうらがわ」企画でのこちらは、
志緒先生がずっと研究されているフィジーの植物療法のこと、
そこから生まれたブランド~Fisian Tlad~のこと、
色々お楽しみいただける内容です。
月桃などの研究の最新情報も聴けるかも?!しれません。

がっつり植物療法、でも薬学的、化学的な内容の話も
わかりやすくお話いただきます。

ぜひいらしてください。

こちらにも詳細記載しています☆


===
葉っぱのうらがわの企画やイベントに
多数ご協力いただいている

トトラボ植物療法の学校代表の村上志緒先生を

お迎えして、

ネイティブな植物を使った
智慧・文化から生まれた植物療法のお話を
たっぷり聴かせていただきます。

植物療法家、薬学博士でもあり、
月桃の研究を古くからされている
志緒先生ならではのお話は、
自然科学・薬学的な側面と文化・人間的な側面の
両方から学べる深い深い内容です。

普段聴けるようでなかなか聴けない
「植物と人との関わり」のお話、
~ FijianTrad ~の商品もお試しいただけます。

フィジーを感じるお茶とプチスイーツもお楽しみに♡

村上志緒先生より

『南太平洋フィジーの自然と
   暮らしから生まれたもの ~ FijianTrad ~』

私は2009年から南太平洋のフィジー共和国でハーブの調査をしています。ハーブの文化は,受け継ぐことと新しく産むことといった,二つの要素で成り立っています。フィジアンハーブは,母から子へ,大人から子供へと伝承されるもので,体温が伝わり息遣いを感じるような近いつながりを持つ,彼らの生活そのものが反映されています。

フィジーに暮らす友人たちと付き合うようになり,彼らの知恵,彼らの文化が呼び起こしてくれるものは,地域を超えて,私たち人類にとって,根本的に大切なことであると確信しました。

太陽のような友人たちが,同じ地球の上で植物の力と人間の知恵で編み上げられた文化を継いでいることは大きな尊敬を私の中に産み,それを日本の皆さんに伝えたい気持ちと共に,現代社会の変化の只中にあるフィジーの若者や子供達に,違う国から彼らの文化の素晴らしさを伝えたい気持ちや,彼らに今までのような豊かな時間の使い方を続けてもらいたい気持ちも出てきました。そして次の世代に正しい仕事を用意するのは大人の役目だと思うようにもなりました。

そんな風にして生まれたのがFijianTradです。今回は,FijianTradの紹介をしながら,フィジーに息づくハーブ文化のお話をし,フィジーのココナッツを材料に,夏のお肌を優しく元気付けるシュガースクラブをつくります。

<開催日程> 2017年8月11日(金祝)15:00~17:30
<会場> 国分寺自然育児友の会
     東京都国分寺市東元町2-20-10
<参加費用> 6000
※事前お振込をお願いしています 
※準備や材料手配の都合上、以下のキャンセルポリシーを設けさせていただきます。
 開催日 1週間前以降のキャンセル   50%、
    3日前以降のキャンセル   100%
<定員>   11名
<お問い合わせ・お申し込み>
葉っぱのうらがわ info@happa-no-uragawa.com


<村上志緒先生プロフィール>
株式会社トトラボ 代表・薬学博士

早稲田大学及び早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。理学修士。東邦大学大学院薬学研究科博士後期課程修了。2000年4月~2009年3月グリーンフラスコ(株)に勤務。2009年9月、トトラボ設立。植物療法学(民俗薬草文化、作用機序、特に向精神作用)を研究。日本のハーブ、ネイティブアメリカンのハーブ、そして2009年からは南太平洋フィジーのハーブが研究テーマ。トトラボ植物療法の学校にて、人と自然とのつながりから生まれる植物療法について、自然・生活文化・科学の観点から学ぶセミナーやワークショップを展開。

コメント0
PageTop