fc2ブログ
 

happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

エコ雑貨合宿@伊那 その3 日本みつばちのこと

ハーブの畑と工場の見学を終え、1日目の宿泊所のざんざ亭へ。

途中立ち寄った道の駅のような「野のもの」で買った100%桃ジュースと
ブドウジュースが本当に美味しくて、買い占めたい程。
小腹も空いていたので、パンやらオートミールクッキーやら、色々買って
しまいました。

ざんざ亭に着くや否や、蜂さん見学へ。

そこから歩いてすぐのところに日本ミツバチの飼育を見学できるところがあるので
皆で移動。

そろそろ、陽も傾きかけてきています。

hati1.jpg

息子も「はちさんこわいよ~」といいつつ、みんなで移動するのが楽しそう。

hati.jpg

山に・・・。

yama_20120928234344.jpg

川に・・・。

kawa_20120928234344.jpg

本当に美しい処です。

そんな中、みつばちを追いかけて早○年?!の信州大学農学部の竹前さんが
それはそれは愛おしそうに、日本ミツバチの習性や実態について
お話してくださいました。

hati4.jpg

いわゆる四角い箱に網がついてて取り出す、といったイメージは実は西洋ミツバチ。
日本で売られているはちみつのほとんどは西洋ミツバチなのだそうで、
こんな丸太の蜂の巣なんて、初めてみました。

そして、こんなに密集。。。普段見たら思わず逃げるかもしれませんが
竹前さんの穏やかな語り口、そして日本ミツバチが西洋ミツバチと比べると
なんだか地味でかわいくて、思わず写真を撮りました。

hati5.jpg

ミツロウや蜂蜜など蜂の恩恵はとても受けているけれど、
実は受粉という行為が担っていることの大きさを改めて考えます。

ちょっと散歩しただけですが、本当にきれいなところで、

満開のコスモス

kosumos.jpg

そして空気がきれいなところにしか生息しないという「ウメノキゴケ」。

koke.jpg

合宿中に何度も見かけました。

実はこのコケのことを歩きながら教えてくれたのは、
ガスールや朝摘みバラ水で有名なナイアードの武元さん。

今はなくなってしまったあの商品にも、実は入っていたのだとか。。。

ふとした瞬間にそんな小話が出てくるのですから、本当にあなどれません(笑)

宿に帰って今度は囲炉裏のある部屋でさらにお話会。
なぜか檀上にあがり、平賀さんの膝に座り込んでいる息子。。。

hati6.jpg

宿にもついて、ふぅっと一息。どうやら熱も下がってきた感じで
ほっとしたのを覚えています。

いよいよ、楽しみにしていたざんざ亭のジビエ料理です!
スポンサーサイト



コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する