happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

風にふかれて

初夏を思わせるような風の気持ち良い日でした。

朝、エコ雑貨の吉成さんにお渡しするものがあり、ちらりとお会いして
相変わらず不思議な人だなぁ~と心の中でふふふと嬉しくなりながら、神田へ。

セラピストの研究団体APUでの講座。。。

の前に会場となるビルの1Fのベルギー料理やさんのシャン・ド・ソレイユで
有志でランチ。

razania.jpg

今日はラザニアにしました♪

皆プロフェッショナルで活躍する方ばかりで、
ハーブや香りにまつわる雑談なんかもすごく楽しいひと時です。

今日の講師は、自然療法機構でテキスト見直し作業をご一緒させていただいた
東 雪子先生。一緒に作業をする中で、その豊富な知識に圧倒され、
ぜひもっとお話をお聞きしたい、と思っていた矢先に、4月の講師が
どなたかいないかしら~という話になり、それならぜひ!と
お願いさせていただきました。

なので準備期間もとても少なかったと思います。

にもかかわらず、期待していたものをはるかに上回るような講座を
してくださり、本当に尊敬~!

テーマは『体質学とアロマテラピー』。

アロマやハーブなど自然療法を学んだことのある方なら、

「内胚葉・中胚葉・外胚葉」という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、
受精卵の分化の過程でこれらのどこか大きく発達するかによって、
その人の身体や性格、容姿の特徴などが分類される、というのが体質学。

いやはや、勉強になりました。

そして、普段は『和のアロマテラピー』の講師もされている東先生。
わがままを言って、体質学の基礎に加えて和のアロマの考え方も
プラスして講義を・・・なんて無理を承知でお願いしたら、ちゃんと
しかもかなり詳しくご説明してくださいました。
さらにご自身の独自の分類の資料まで添えて。。。!

koza_20130419001358.jpg


普段物静かな印象の先生ですが、一緒にテキストの作業をやる中で、
熱いパッションを持たれているのをひしひしと感じていましたが、
今日の講座でもそんな想いを強く感じました。

素敵な講座でした。

講座の後、少しお茶をしてから、中目黒へ。

友人のKさんと以前から約束していた、YUKIEさんがシェフを務める
「CANTEEN」へ。
昨年こちらで開催のワイン&お料理会に参加する予定だったのですが、
突然の発熱のため、急遽キャンセルさせていただいて以来、念願かなって
初来店。

いやはや、どれも美味しかったです。

お野菜料理も、さすがの絶品加減でとても美味。

それ以外にも、あさりのグラタンや。。。

gratan.jpg

シメに食べたしらすのパスタ。。。

pasta_20130419001311.jpg

結構沢山のお皿を食べたのに、体に優しくて
全然負担がかかっていないのがわかります。

そして2杯目に飲んだこのブラウンモヒート。。。

mohito.jpg

グァテマラ産の23年熟成のラムを使っているため、色が茶色。
それにペパーミントとスペアミントがきいていて、
最初に飲んだ時に、大好きなシャリュトリューズを思い出すような、
薬草のような味と香り。

とても元気がでるカクテルでした。

帰りは目黒側沿いの葉桜の下を気持ちよい風に吹かれのんびり歩きながら。。。

なんだかいろんな人といろんなところで会ったり、話したりしたけれど、
今日吹いていた風のように、なんだか心地よい時間だったなぁと改めて。

上弦の月の春らしい光、気持ちよい風。。。大好きな季節です。
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する