happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

中医学と化学とエルダーと

今日は日吉へ。

日本のハーブについてなどの著作でも知られる村上志緒先生の
ヴォヴォの家へお伺いするのも2回目。

今日は自然療法機構でもご一緒の東雪子さん宅から
エルダーの木がお嫁入りと聞いていたので、少し早めに伺い運搬のお手伝い。

行く途中の小道、やっぱりここの竹林はすごいなぁ。

take_20131107004710660.jpg

車に積まれてきたエルダーの木を3人がかりで運搬。
なんだかここに来るのを喜んでいたように感じました。

とりあえずエントランスのスペースに設置されたエルダー。
いきなり馴染んでいます。

elder_20131107004712885.jpg

数日前にフィジーから戻られたばかりの志緒先生、
帰国の際に現地の方たちが徹夜で作ってくださっという、現地では「シシー」
とよばれるレイのようなものが玄関に。

fiji.jpg

とっても大事に持って帰られたのでしょう。

生花の状態もとってもよくて、そして香りも素敵で。
何よりフィジーの人たちの気持ちがたっぷり詰まった素敵なものでした。

こちらで、午前は中医学の講座の2回目。
実際に病院で漢方による診療をされている佐々木史歩先生のお話は
とてもニュートラルでわかりやすく、今まで聞いた色々なお話を体系化するのにも
役だってくれます。

気血水の話と望診、なかでも舌診について。

皆で舌を出し合う姿はちょっと面白かったです。

あっという間にお昼時間。

lunch_20131107004734852.jpg

今日もお隣のカフェのマクロビランチ。

量的には少ないけれど、食べ終わると結構な満足感。

中でも発酵フルーツを使ったキャロブ豆のケーキがとても
美味しかったです。

さて、午後は大人のための化学。

前回に続いて分子量などの話やイオン結合、共有結合、などなど
懐かしい記憶を引っ張り出してきては咀嚼しなおしたり、
今になって新しい発見があったりと、なかなか頭の中は刺激的な時間。

そして、それが今私たちが仕事としているハーブやアロマの世界にも
密接にかかわりがあることを再認識。

いろんな繋がりが、本当に面白い。

後半には、爆発実験も(笑)なかなか刺激的でした。。。

jikken.jpg

志緒先生のおだやかな語り口の中に、ご自身の真摯な姿勢や
植物への愛情が溢れる、そして化学についてもわかりやすい、
そんな講義がとても心地よく頭の中に入ってきた午後。

ログハウスの中でこんな風に学べるのは嬉しいな~とその場の空気も満喫。

夕方帰る途中、つい足を停めてしまうスポットがあります。

sora_201311070103585e7.jpg

やっぱりここからの景色が好きだわ~☆

そして夕飯には、唐揚げと先日伺ったシェ松尾@東急本店で
井熊シェフからいただいてきたマコモダケをきんぴらに。

makomo.jpg

とても美味で息子も沢山食べて。。。
やわらかい筍に似た味わい。

傍と気づいたのは、マコモダケのタケは茸じゃなくて竹だったのだと今さら。

さて、我が家は目下あやとりブーム。

息子が通う園で流行っているようで、その日覚えてきたものを家で披露してくれます。

私もやっているうちに数十年前やったあやとりの記憶がよみがえってきて
むきになってやってみたり。。。

あやとりの技の数々、改めてすごいなぁと感じつつ、そういえば、
あやとりの形やどんな知恵の輪も一瞬にして解き明かすことのできた
大学時代の恩師を思い出しました。

いろんなことと化学や幾何学のつながり。

人と化学と自然と。。。やっぱり世の中は面白い、ですね。

aya.jpg
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する