happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

身を焦がす

身を焦がすような恋・・・なんて、ちょっとたまには色っぽい話題を。

したいところですが、残念ながらちょっと痛い話。

京都大原染のシリーズ?が終わってから書こうと思っていたのですが、
なんとなくこっちを先に。

ここ数年になりますが、私の中で”ある種のストレス”がかかると、その事後に
口内炎ができる、というなんともわかりやすい現象が。

ただ忙しいとか、不摂生をしているとか、そういう感じなのかなと観察して
みていたのですが、やはり自分の中では”ある種のストレス”がかなり起因して
いるかなと結論づけています。

今回もその兆候はあり、口内炎ができたのは8月の初旬。

ストレスの度合いによって口内炎の大きさも変わるという、これまた
わかりやすい身体で、できた当初から、なんとなく育ちそうなそんな感じ。

それでも京都に行くまでには治るだろうと楽観視していましたが、
結局は京都のときが最高潮、それから1週間程でようやく鎮静、
先週末にようやく気にしなくてもよくなった、という時間のかかりよう。

まぁ、今回出来た場所が、右上唇の裏側、犬歯の前ということで、
食べ物を口に入れた瞬間に強烈な痛みと戦うことになります。

でも美味しいものは食べたいし、お酒は飲みたい、ということで
あまり人には言わず、食べたいものは食べ、お酒も毎日呑んでいました。

そんなわけで、最初の激痛、その後は味わい至福、と私の表情が
食べ物を口に入れるたびに変化する姿は、京都でお会いした
倉津三夜子先生や野村真紀さん始め、その間私と食事した方は、
おそらく気づいていたと思います。
(相当面白かったと思います。。。^^)

昨日ピアニストの奈緒さんにその話をしたところ、
「そんな状況でも広子さん、食べる方が優先なのね」と呆れられました。

確かに刺激物を食べず、お酒も飲まない方が早く完治することは、明らかです。

が、せっかくの京都、そしてせっかくの会合、が続く場合、というか多くの場合
毎回の食事が一期一会なので、どちらを優先するかというと、やっぱり
食べたいものを楽しく食べる方。。。

正しい、正しくないではなくて、どうしたいか、です。

なんて威張ることでは決してないですが。。。

まぁ、結局のところ今回のそのストレスの大きさを口内炎で思い知ることに
なったのですが、要は、そのストレスが自分の”想い”から来ていることが
身に沁みていて、”想い”は時に、自分の肉をも傷つける、というのを
改めて実感した次第。

その”想い”は決して悪い感情ではなくて、どちらかというと”熱意”に
近かったのかもしれませんが、それが物事の形にうまくつながらないとき、
それが自分の力ではどうしようもできないとき、そして誰かを責めても
事態は好転することではないとき・・・、たぶんその感情とか想いの
行き場所がなくなってしまうのかなと思います。

マイナスの感情の逃がし場所や好転させる方法は、私なりに身につけているつもり、
でもこの手の”想い”の転換方法はまだまだ修行の身。

昔から、恋焦がれる、身を焦がすような想い、なんてちょっと色っぽいことに
使われる言葉だけれど、例えば胃潰瘍や潰瘍性大腸園などの症状もストレス性の
”想い”から来ることも(もちろんそれだけではないけれど)あります。

もしかしたらこういう”想い”もある種の恋愛感情と似ているのかもしれません。

感情や想いの逃がし場所は人それぞれですが、それが時に音楽や絵画や身体表現など
芸術と呼ばれる何かだったり、それが季節ごとの祭り事だったりするのかなとも
思ったり。。。

とにかく人の心と身体、っておもしろいよな~とつくづく。

かなり痛い思いを長いこと経験する結果となってしまったけれど、
その時その時会って話せた人たち、食べたものたち、呑んだお酒、
どれも一期一会でやっぱりあの時呑んでよかった、食べてよかった、
話せてよかった、と全然懲りない私です。

良い子のみなさんはマネしないようにしてください(笑)

今日は息子は保育園がお休みだったので、昼過ぎに一緒に等々力渓谷へお散歩。

mori_20140827000925b14.jpg

駅から数分という場所にあるとは思えない、深い森。

先日葉っぱのうらがわで歩いた国分寺崖線(はけ)の最南端に位置する場所。

todo.jpg

湧水も多く、川の水もつめたく、奥の滝では滝修行も行われています。

mizu_201408270009238c3.jpg

奈良時代からの古墳なども存在するこの地域、いろんな人たちの想いもここに
吸い取られて、浄化されてきた歴史もあるのかな~と感じます。

isi_20140827000921419.jpg

奉る、というのは、”想い”の浄化の一つの形なのかもしれません。

夜は夫と交代(正確には保育園に1時間だけお世話になり)カラリパヤットへ。

思えばこのカラリパヤットでも私は結構”想い”の発散をしているのかも。

終わったあとは心も身体もすっきり♪

まぁ、結局能天気な私ですが、時に想いは身を焦がす、という、
ちょっとコワい?話でした。痛い話で失礼♪
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する