happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

モノがたりマーケット

少し朝は冷えたでしょうか?

打ち合わせに自由が丘のモノがたりマーケット事務所へ。

エコプロなどのイベントの搬出などでちょこちょこ伺うことはあるけれど
打ち合わせでは久しぶり。

このモノがたりマーケット代表で、エコ雑貨協同組合の代表理事でもある
吉成英温さんと、今週は様々な素敵な皆さんと、打ち合わせを重ねてきました。
(まだ明日もありますが)
お忙しい中お時間を割いてくださった先生方に厚く御礼申し上げます。

モノがたりマーケットが主催の『ハーブと雑貨のある暮らし』の講座は、
地味ではあるけれど、5年間程続けてきた講座。

それには、この吉成さん、そしてエコ雑貨協同組合のみなさんの素晴らしい
モノたちがあったからこそ。

アッシュだけでは表現できないこと、そしてそこからの広がりなど、
かけがえのない経験をさせてもらっています。

この分野はまだこれから変化、進化、をしていきますが、
まずは今週、このモノがたりマーケットのロゴができました。

monogatqri_logo_2.jpg

ロゴ作成は、10年前にもアッシュのロゴを作っていただいている
久保村祥子さん。

このロゴに込められた想いは、代表の吉成さんの言葉を引用させていただくと、
以下の様になります。

====
「モノがたりマーケット」のロゴマークできました
今後どうぞよろしくおねがいします。

テーマは 「3つのつなぐモノがたり」
3つのハートの花は3つの人と( )の中の思いをイメージ

・つくる人(創造する)
・つなげる人(伝える)
・つかう人(使いこなす)


生産者、販売店、消費者という言葉でなく
生産者も販売店も、そして消費者も3つのハート(思い)を持って
モノの花を咲かせて欲しい
モノを活かすのはまさにこの花なんですよね。

それぞれが それぞれの思いを持って
モノの花を咲かせる
そんなお花畑の管理がお店であって
どのようなお花畑を作るかは季節もあるし、
販売の仕方によっても変わってきますし、
どうぞお客様もお花畑作りに参加してください。

国分寺memoliでも時間はかかると思いますが、
いろんな方のハートを集めながら素敵なお花畑に育てていければなと思っています。
いろんなお花畑へメーカーさんが大切に作り上げたお花の苗を
届ける仕事がモノがたりマーケットの卸し業務です。

もちろんいいお花に育つようメーカーさんや販売店と連携しながら
サポートさせていただきます。できたら自分のお店の苗も作ってみませんか!
他のお店のお花畑にお届けするお手伝いもしております。

====

ワクワクするなぁと思ってくださる方がいたら嬉しいなと思います。

私自身は、モノがたりマーケットの中ではスクールの講師として
関わらせていただいていますが、
この想いにワクワクする素敵な皆様をつないだり、
メーカーさんのモノたちを私のできる範囲で伝えたり、そんなこともしてきました。

それで相談してできた言葉(肩書き?)が「お世話人」(笑)

何をする人だかよくわからないところが、私はとても気に入っています。

”講師”という肩書きだけでは伝わらない、何かが伝わったらいいなと思います。

アッシュはアッシュ、ですが、
モノがたりマーケットなくして語れないアッシュも実はあります。
この部分はまだまだこれから変化を遂げていくかと思います。

モノがたりマーケット自体も時と場合でいろんな役割を持って動いているので
なかなか分かりづらいところもあるかと思いますが、
今年はもう少し具体化できる形で発展して行けたらよいなと思っています。

そしていろんな素敵な皆様、植物が好きな皆様、を巻き込んで
一緒に楽しんでいけたらいいなと思っています。

これからもお世話人として関わらせていただきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

モノがたりマーケット お世話人 鷺島広子
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する