happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

選択と拡張と

冷たい雨の一日。

もう今シーズンは着ないだろうと思っていた、
今年の防寒ファッションも復活、足元も温かくして日吉へ。

AMは、「魂の植物」読書会。

期せずして、バッチ・フラワーレメディを勉強し始めてから改めて
この本の内容、そしてケルトの植物との関連性、などつながることが多く
益々興味深く、そして弥生先生や志緒先生始め、
ご一緒させていただいている皆さんの意見を聴くことができるのも貴重な時間。

今日は「臨死体験」についての考察が、とても興味深く雨音を聴きながらワクワク。

am_20160315013129c07.jpg

そしてひょんなことから志緒先生から、
フランソワーズ・アルディの「もう森になんかいかない」というフランスの歌の話が。
学生時代私も大好きな曲で、ちょっと悲しげな曲なのですが、
よく聴いていたなぁとその頃のことを思い出したり。。。

昼になってさらに雨は降り続きましたが、お昼を食べに駅前まで。

合唱部の先生でもあるアーティストのウスダミホさんと一緒に、鍋焼きうどん。

寒いから温かいものを・・・と思って食べられる幸せ。

udon_20160315013131c8d.jpg

うどんをすすりながら話した音楽のこと、日本語のこと、など
色んなことがまた興味深くてあっという間の時間。

再びトトラボさんに戻り、今度はゲーテの「自然と象徴」の第5回。
一旦の区切りとなった今回のテーマは、火成論と水成論、前成説と後成説、
表題だけ見ると難しそう、まぁ実際難しいところもあるのですが、
具体的には玄武岩が火から成ったのか水から成ったのか、だったり
生命の進化の歴史だったり、志緒先生が、わかりやすく噛み砕いてくれるので
考えやすく、思考を進めていける時間。

地球が生まれて、人間がこうして今のように生活するまでの時間を考えると、
そこには、さまざまな選択とそれによる進化、拡張がなされてきて、
ただ、それが選択なのか”神の意思”なのかというところが今日は私の頭の中で
ぐるぐる回っていたところ。
そしてその”神の意思”についても朝の話からの続きで思考は尽きなくてワクワク。

こうして一つのテーマについてみなさんと話ができるのは、本当に楽しいなと思います。

夜になっても降り止まない雨だけれど八重洲へ。

約4ヶ月ぶりに集まったメンバー、前回はアラブ料理でしたが今回はブルガリア。

buru.jpg

お野菜が多くてやっぱりヨーグルトやチーズが絶品。
タルノヴォ焼きと言われるお皿も素敵。
そしてブルガリアの季節と植物にまつわる風習なども教えてもらって、
やっぱり人と自然との関わりについて深く考える楽しい時間。

最後はバラの谷でも有名なこの国のバラのヨーグルトアイス。

bara_20160315013133e47.jpg

相変わらず冷たい雨だったけれど、逆風や強風に吹かれても
負けずに前進しようとする友たちの奮闘している姿と重なり、
春はもうすぐだぞ~と叫びたくなる夜。

明日は晴れそうです♡


スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する