happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

涙のワケ

花散らしの雨の朝。

今日が初登校となる初日ですが、昨日のギフトのような晴天のおかげで
あまり苦にならない。。。とはいえ、ピカピカのランドセルがいきなり
雨に濡れるのもなぁと思いつつ、バタバタと準備。

久しぶりにお弁当を作り、持ち物チェックして、
なんだか私お母さんっぽいわ、と思いました(笑)
世のお母さんに怒られそうですが。。。

そろそろ出ようとしたとき、同じマンションのお兄ちゃんが迎えに来てくれて、
妹さんと一緒に連れて行ってくれるとのこと。

ありがたいわ~♡

といいつつも、「遠くからついて来てね」と言われていたので、ちょっと
ストーカー、、、というには近すぎる距離から。。。

kasa_20160408002851cd2.jpg

校門の手前まで見届けて家に戻る途中、急に涙がこみ上げました。

たしか最初に保育園に預けた時もそうだったなぁと思い出しつつ、
これから今までとまた違うリズムでの生活が始まる実感。

準備をしてから、日吉へ。

6回シリーズで参加してきた、バッチフラワーレメディのレベル1の最終回。

京ヶ島弥生さんの「魂の植物」読書会がきっかけで参加したこのクラス、
10年以上植物療法を学んできたのに、なぜか学ぶ気にならなかった
フラワーレメディが、こんなに身近に、そしてこのタイミングで学ぶことが
できたのは、どうにも必然的。

さまざまな変化の季節に、レメディを自分に使うことでいろんな経験をさせて
もらいました。やっぱり感情と向き合う、という作業は必要だった時期。

今日改めて感じたのは、「気持ち」と「感情」ってちょっと違うニュアンスだな
ってこと。
私は、自分の気持ちをいうことがあっても、あまり「感情」を表には出さないと
いうことにも気づきました。

といってもそれは別に隠しているわけでもないのですが。。。

自分の感情について人と話すのはなんだかその人の貴重な時間を奪うようで
もったいないという感じ。
かたや気持ちというのは、共感できたり、それによって何か発展的なことが
生み出されるような、そんな感じ?!

よくわからないけれど、自分でも自分の感情とじっくり向き合う、というのは
結構しんどかったりするタイミングもありました。

とはいえ、まだまだ修行の身、これからさらに学んでいくためにも、
色々試してみたいなぁと思っているところ。。。

bach_20160408002852668.jpg

そして初登校、学童というフルコースを体験した息子は、
帰るなり「友達いっぱいできたよ~」と嬉しそうに報告してくれました。

それはそれで喜ばしいことですが、どうもここ数週間の息子の顔が
毎日変化しているのが気になっていたことも確か。
周りからもお兄ちゃん顔になったねぇ、なんて言われていましたが
私としては、なんとなくひっかかる感じがしていました。

おそらく私たち親もそうだったんだろうな、と思います。

それが夜にひょっとしたことから泣き出したかと思うと、
堰を切ったように大泣きが始まり、泣くというより叫ぶに近い感じ。
環境の変化にいろんな感情が溜まった時に、年に数回ではありますが
こういうことが今までにもありました。

いずれ近いうちにこういうタイミングは来るだろうと予測していたので、
思い切り泣かせ叫ばせ、少し経ってから近くにあった
レスキュークリームを背中に塗布。ものの数分ですぅっと波がひくように
泣き止み、久しぶりに見る、赤ちゃんのときと同じ幼い顔。

にっこり、すっきり笑ったのをみて、やっと安心。

色々張り詰めていたものがふぅっと溶ける瞬間。

涙は感情の浄化の形、と誰かが言っていたのを思い出しますが、
久しぶりにすっきりとした表情の久しぶりの息子の顔を見た気がします。

朝のこみ上げてきた自分の涙、そして夜号泣した息子の涙、
そこにある感情をまだうまく言葉にはできないけれど、
言葉からではなく、このレメディがいいのかも、という感覚は、
少しつかめた気分。

そしてこういう時に欲しくなる香り、はやっぱりすぐわかります。
今私自身に何が必要か、その選択肢が増えたことも嬉しいな~と思います。

感情があふれることは悪いことじゃない、そして溢れてくる感情を
自分で味わうことの贅沢さ、というのもあるなぁと。

今日は新月、そしてかなり月と地球の距離が近づいています。

そのせいかどうか分かりませんが、長く頑張ってきてくれた私のカメラが
そろそろピンチかも。
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する