happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

我が家のテーブル作り その6 ~木からテーブルへ3~

新月を前になんとなく身体が排泄モード、いろんな感情やらも出てきて
昨夜は早めに就寝。
明け方の激しい雷雨に目が覚めるものの、眠気の方が勝りました(笑)

さて、久しぶりにこちらのシリーズを♪

6月初めに木工家の井上さんに我が家にいらしていただき、すぐに梅雨入り。

先日のお話から、少し木が動くのを待っているのだろうなぁと
呑気に構えていましたが、
月末にこのカバノキの蒸留会を設定していることに気づき、
とりあえずおが屑だけ欲しいわ♪ということで、
駿河屋一桝さん、井上さんともご相談したところ、
デザインなどの案もあるのでということで
再度我が家へいらしていただけることに。

6月26日、この日は私は国分寺で「ハーブと雑貨のある暮らし」と
「夜間部」での和薄荷のダブル講座の日だったので、
朝9時にいらしていただくことになったものの、
いつの間にかサッカー少年になった息子は、
試合だということで夫と一緒に8時前に出かけてしまいました。

井上さん、朝早くにカンナで削ったものと
木屑を蒸留用に持ってきて下さり、さらに素敵なサンプルの木片を。。。

無垢の表綿、裏面には、オイルフィニッシュをしたもの、

「この木は、使い込む程黄金色に輝いてくると思いますよ~」

となんとも嬉しそうに話してくれました。

ki_20160803000724263.jpg

前日高崎出張だったので、
甘党の井上さんにはTOMY’Sベーカリーのチョコパンを
食べていただきながら、テーブルのデザインなどについてお話を。

梅雨に入って、予想よりも大きく木が動いているらしく、
前回も書きましたが
木の動きをじっと観察してからタイミングを見るという井上さん、
工房で木の動きを嬉しそうに?真剣に?
観察している姿が想像できて、なんだか嬉しくなります。

tbl_201608030007216c7.jpg

今回はテーブルの形や足の材質や形状についていくつかご提案いただき、
家族とも相談して改めてご連絡することに。

私も出発の時間が近づいてはいましたが、木のことについて話しだすと
少年のようなきらっきらの目をする井上さんと
ついつい、話が盛り上がってしまい、私も嬉しくて、
木の蒸留水などをいくつかプレゼントしたり、もう大変(笑)

その4日後、30日に駿河屋さんで無事にカバノキの蒸留会を行うことができました。

その時の様子はこちらを↓
http://asharoma.blog123.fc2.com/blog-entry-2559.html

その際に、木が好きなことではもちろんぶっとんでいる一桝社長から
今回私が選んだカバノキやその形状について説明していただき、

カバノキはかなり硬い木であることと同時に、
私が気に入った赤みと白味が混ざっていることを木の世界では
「源平」(源氏と平氏)と呼んで、建材などでは強度などの理由で
避けられることなども説明していただきました。

「ただ、この色合いの違いが味になるので、テーブルなどの家具に
利用するのはいいなぁと思います。」

とのことで、うんうん、私もそう思う、だってベーコンみたいだもの
(ベーコンは最初に一桝さんが言っていたのですが)
と自分自身に納得しつつ、蒸留。

畑の異なる分野のお話、なるほど~ととても参考になりました。

蒸留もして益々愛着が湧いたところで、後日、
作業を開始しましたとのご連絡を写真付きでいただきました。

tbl_20160803001923087.jpg

いよいよテーブルへ!!!

まだまだ続きます☆
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する