happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

アーユルヴェーダに基づく、ということ

雨模様の今日は、1日L.C.I.C.I.JAPAN本部で過ごしました。

アッシュでも昨年より開催の

協会認定の「アーユルヴェーダに基づく家庭健康法」は、

顧問でもある、上馬塲和夫先生が監修されているもの。

日本アーユルヴェーダ学会の理事長でもある、云わずと知れた、
日本のアーユルヴェーダ、統合医療、
さまざまな分野で権威でいらっしゃいます。
いつも穏やかな語り口の中でも
確固たる信念を感じさせてくれる先生。

このコースは、発足当初から、
何度も受講させていただいていますが、
その度毎に、最新情報や研究成果などもお話くださるので、
毎回目からウロコ、的なお話や、
新たな気づきをいただいています。

今日のテーマ、実は昨日アッシュで開催したばかりの、
PART2の調身、調息、調心のところを。

その内容もちろん勉強になりますが、
なによりも上馬塲先生がお話する
「内なる知恵に従え」というところの説明がやっぱり好き。

好き、嫌いの問題じゃないのですが、

アーユルヴェーダにしても、統合医療にしても、
すごい先生、エライ先生に、何万も払って
15分くらいで脈をみてもらって、
診断してもらったり答えを聴いて、
結局また不安になって、
あの先生がすごい、といって
また答えを聴いての繰り返し、

よりも、

自分の内なる声を聴けるように学んでいくこと

を何よりも大事だということ。

これを、先生がおっしゃってくれるということは、
やっぱりすごいことだなぁと思います。

アッシュでお伝えしたいことは、このコースに限らずまさにこれ。

ハーブにしてもアロマにしても、基本の知識は踏まえて、
でもそれを自分に、大切な人に、どう使うか、ということを
自分で考えられるようにすること、

アーユルヴェーダにしても、
壮大な理論を学ぶことも大事だけれど、
何よりも内なる知恵に答えがあることに気づき、
そこを見ていくことを繰り返すこと、

やっぱりそこなんだよな、とつくづく感じます。

とはいえ、それをお伝えしていくには、私自身、
まだまだ学びが必要だけれど、
根底にそれがあるということは
何よりも大きいなと改めて感じます。

全国的に見ても、このコースを実際に行っているところは
まだほとんどないようで、
私自身も勢いでスタートしてしまった部分はあるのですが、
一番お伝えしたいことがそこである以上、
やっぱりやっていてよかったなとつくづく感じ、
そして、今学んでくださっている2クラスの皆様と一緒に
そこをどうやって感じていくか、というのは、
ゾクゾクするくらい、楽しみなこと。

ありがたいなぁと思います。

午後の実習は、アーユルヴェーダで使用する代表的な薬草についてと
さらに上馬塲先生自らが作ってくれるギー!

14112007_1092493344173115_1978903974_n.jpg

日本ではあまりなじみのないギーですが、
実は色々使うことができるもの。。。

14169725_1092493337506449_2098140025_n.jpg

アッシュでも近々やる予定です。

そして来月からPART3が始まるクラスの皆様にも、
盛りだくさんにお伝えしていけたらいいなと改めて。。。

そして研修の一日終了後、さらに

「在宅ケアへの取り組み」としての勉強会
  ~セラピストの資格を在宅ケアに活かす~

をテーマに、実例を通して意見交換をしていく会。

14138416_1092493340839782_300641795_n.jpg

セラピストとしてのさまざまな立ち位置の中でできること、
全国から集まる皆さんの活動や経験、意見を通して、
改めて考えさせられました。

そして様々な熱い想いを胸に、セラピストとして活動している
みなさんとこうして考えていける機会はやっぱり刺激になるし
嬉しいなと思います。

上馬塲先生、踊子先生はじめ、素敵なセラピストさん達との
交流に感謝。


ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する