happy life with aroma
~* holistic aroma salon H【a∫】のブログ * ~

APU定例会~志緒先生の製剤2017~

久しぶり・・・に感じるけれどそうでもないAPU定例会。

自分がお世話係だから、以上に
とっても楽しみにしていた、
村上志緒先生の製剤についてのセミナー

早々に満席となったためお断りしなくてはならなかった
方もいらっしゃり申し訳なかったですが、
やはり志緒先生のお話も講義も素敵でした。

apu1_201708040059535c1.jpg

植物療法家としての愛ある視点と
薬学博士としての専門知識、
その両者は決して相反するものではないこと、
その中に人の営みがあること
「ほどほど」というところ
「自分の感覚」を大切にするところ
なんだか色々すごくて、
参加者の方から

「一言一句聞き漏らしたくなかった」

とあとから感想が出たくらい。

happa_20170804005959b60.jpg

2.5時間(正確には3時間)のあいだに濃い内容を
ぐぐっと詰めてくださいましたが、多分みなさん、
まだまだ聴きたいくらいだったかなぁと思います。

iro_20170804005958c5c.jpg

でも実習はやっぱりAPU園児たち、とても楽しくわいわいと。

jisshu2_2017080400595737e.jpg

jisshu.jpg

sinken_20170804005931a6a.jpg

APUは植物療法はじめ、いろんなプロフェッショナルの集団ですが
こういう時にとことん前のめりで楽しめる、そんな人たちが多いので
やっぱりこういう素敵なセミナーをシェアできるって楽しいなと
改めて感じます。

ランチもお店のスペシャル桃デザートがついて大感激。

dst2.jpg

dst_20170804005942a97.jpg

dst3.jpg

ランチ後、志緒さんと週末のトトラボマルシェの打ち合わせもして、
その後いつもの「お米のデザート」会に合流(笑)

20479537_2016141201947099_3728172294059700296_n.jpg

飲み終わっても明るい、健全な?!時間を楽しみ
そんな短い中でも、プロな感覚、女性性、男性性、
その他もろもろ、結構深い話をして。。。

ニュートラルに、そして真剣に、話せる仲間って
本当にありがたいなぁと思いつつ。。。

志緒先生とのイベントは8月は色々あってとても楽しみ。

その中でも「葉っぱのうらがわ」企画でのこちらは、
志緒先生がずっと研究されているフィジーの植物療法のこと、
そこから生まれたブランド~Fisian Tlad~のこと、
色々お楽しみいただける内容です。
月桃などの研究の最新情報も聴けるかも?!しれません。

がっつり植物療法、でも薬学的、化学的な内容の話も
わかりやすくお話いただきます。

ぜひいらしてください。

こちらにも詳細記載しています☆


===
葉っぱのうらがわの企画やイベントに
多数ご協力いただいている

トトラボ植物療法の学校代表の村上志緒先生を

お迎えして、

ネイティブな植物を使った
智慧・文化から生まれた植物療法のお話を
たっぷり聴かせていただきます。

植物療法家、薬学博士でもあり、
月桃の研究を古くからされている
志緒先生ならではのお話は、
自然科学・薬学的な側面と文化・人間的な側面の
両方から学べる深い深い内容です。

普段聴けるようでなかなか聴けない
「植物と人との関わり」のお話、
~ FijianTrad ~の商品もお試しいただけます。

フィジーを感じるお茶とプチスイーツもお楽しみに♡

村上志緒先生より

『南太平洋フィジーの自然と
   暮らしから生まれたもの ~ FijianTrad ~』

私は2009年から南太平洋のフィジー共和国でハーブの調査をしています。ハーブの文化は,受け継ぐことと新しく産むことといった,二つの要素で成り立っています。フィジアンハーブは,母から子へ,大人から子供へと伝承されるもので,体温が伝わり息遣いを感じるような近いつながりを持つ,彼らの生活そのものが反映されています。

フィジーに暮らす友人たちと付き合うようになり,彼らの知恵,彼らの文化が呼び起こしてくれるものは,地域を超えて,私たち人類にとって,根本的に大切なことであると確信しました。

太陽のような友人たちが,同じ地球の上で植物の力と人間の知恵で編み上げられた文化を継いでいることは大きな尊敬を私の中に産み,それを日本の皆さんに伝えたい気持ちと共に,現代社会の変化の只中にあるフィジーの若者や子供達に,違う国から彼らの文化の素晴らしさを伝えたい気持ちや,彼らに今までのような豊かな時間の使い方を続けてもらいたい気持ちも出てきました。そして次の世代に正しい仕事を用意するのは大人の役目だと思うようにもなりました。

そんな風にして生まれたのがFijianTradです。今回は,FijianTradの紹介をしながら,フィジーに息づくハーブ文化のお話をし,フィジーのココナッツを材料に,夏のお肌を優しく元気付けるシュガースクラブをつくります。

<開催日程> 2017年8月11日(金祝)15:00~17:30
<会場> 国分寺自然育児友の会
     東京都国分寺市東元町2-20-10
<参加費用> 6000
※事前お振込をお願いしています 
※準備や材料手配の都合上、以下のキャンセルポリシーを設けさせていただきます。
 開催日 1週間前以降のキャンセル   50%、
    3日前以降のキャンセル   100%
<定員>   11名
<お問い合わせ・お申し込み>
葉っぱのうらがわ info@happa-no-uragawa.com


<村上志緒先生プロフィール>
株式会社トトラボ 代表・薬学博士

早稲田大学及び早稲田大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。理学修士。東邦大学大学院薬学研究科博士後期課程修了。2000年4月~2009年3月グリーンフラスコ(株)に勤務。2009年9月、トトラボ設立。植物療法学(民俗薬草文化、作用機序、特に向精神作用)を研究。日本のハーブ、ネイティブアメリカンのハーブ、そして2009年からは南太平洋フィジーのハーブが研究テーマ。トトラボ植物療法の学校にて、人と自然とのつながりから生まれる植物療法について、自然・生活文化・科学の観点から学ぶセミナーやワークショップを展開。
スポンサーサイト

コメント0
PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する